2011年5月13日 (金)

山菜の季節です

山形の山菜が送られてきました。
祖母の山では沢山の山菜が採れます。
山肌が見える前からはじまるふきのとう。
ゴールデンウィーク頃はわらび・こごみ・うど・たらの芽・フキ。

青々とみずみずしいそれらが食卓に並ぶとなんとも充実した気分になります。
口に入れるとほろ苦く青い香り。

自分で肥料をあげて作り上げた野菜たちとはまた違う感動。
自然のサイクルが育てた物を
そのまま頂くありがたさなのかな。
去年が無事であれば、今年もこうやって山菜が芽吹く。

こうやって摘んで食べられるのは
水や空気がきれいだから。
自然が安全だというのは
とてもありがたいことです。

放射能の一連のことでは、本当に残念だとおもいます。

先日、自治体保有の水力発電がが浸水し壊れたそうです。
それを作業員がチェックして今は扇風機で乾かしているところだそうです。

水力発電なら、ああやって人が入って補修作業が出来る。
大きなニュースにもならない。
毎日会見することもない。

でも原発は、長い間何が起きているのか見ることも出来ていない。
危険すぎて建物に人が入れるのに2ヶ月かかり、
そこに入れても長くは作業できない。
その作業してくださってる方はこのあと被爆の被害に悩むかもしれない。
人の手でコントロールできない巨大怪物。

ご機嫌取りが難しく、暴れたら数十年止まらない
封印しても、何百年も何千も静かに怒り続けている

原発がある以上、安心はありえない。

日本人は早く別の生き方を示していかないといけないですね。

自然光を家に取り込みましょう。
こまめに電気を消すのではなく、こまめには電気を点けないのです。
太陽と共に寝起きしましょう。
暑過ぎるときは休みましょう。
寒すぎるときは布団の中に居ましょう。
料理をして夕飯はお家で食べましょう。

大事なのは多数の力だけど、
少なくとも私はそうしなければ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 4日 (水)

女風呂の少年とちっちゃなおばちゃん

この前、久々に温泉へ行きました。
地元の人で溢れる平日の夜7時頃でした。

女風呂は喋る人は余りいなく、ピチャピチャと水の打つ音やプラスチックの桶の音だけ。見回せば、やや年配の方が多く、ゴシゴシとかかとを強くこすったり、猫背で髪を洗っています。
平らく削り出された石が敷き詰められたまだ新しい温泉。

私も体を洗い終えて内風呂へ入っていると、
小学3年生位の男の子が2人、タオルを振り回したり、スキップをしたり、手すりにぶら下がったり。。。

私の入っている大きなお風呂の窓際の濡れた石の手すりを、向こう側から平均台のように得意気につたって来て、ヒタヒタと私の後頭部を過ぎて、柱のそばまで来た。柱のところは3センチぐらいの出っ張りになってしまってて、それでもロッククライマーのように張り付き、頑張って向こうへ渡りきりました。

1人がやるともう一人が真似するのですが、さも自信なさげ。

子供達はやんちゃでつい目が行き、見てしまうと危なくてハラハラしてしまいます。

親は?誰か注意してくれる大人もいないようです。

私 「・・・・。」
私 「ねぇ、お父さんやお母さんは?」
少年「え、いないよ。」
私 「こういうところに上がって遊んじゃ頭を打ったりして危ないからね、ダメだよ」

子供達は2人で顔を見合わせ、私の話はなんとなくそれで終わった。。。

他人の子を注意するなんて。。。。でも大事なこと。
目の前で滑って転んだら絶対私のせいだ!と思ったんだもん。
子供が大怪我するのはやっぱり嫌だ。

裸ん坊の少年達はその後も艶々と楽しそうに過ごしてたけど、ちょっとおとなしくなった。

子供はそこに居るだけでタダかわいくて、愛らしくて、大人はつい見てしまう。気になってしまう。
子供は守ってもらうように出来ているんだね。

「子供は社会のもの」だと決められている。
だから私たち大人は、子供をしかっていいし、守っていいんだよね。

髪をドライヤーで乾かしながら、そんなことをいちいち自分に問い直してなんか情けないなぁ・・・なんて思った。

===

別の日。
スーパーを出たらにわか雨が降っていて、私は50メートル先のあっちの屋根の下へ行くだけなのに、「ちょっと弱まったらサッと行こう…」なんて雨に当たるのを躊躇してた。
しばしの間じっと雨宿り。
「あそこへ行くだけでしょ?傘に入れてあげますヨ?」
とちっちゃなおばちゃんがにっこりと横に立っていた。
私はお言葉に甘えて背を低くして傘の左側へ入り、ちっちゃなおばちゃんは腕をぐんと伸ばして、私を雨から守って一緒に歩いてくれた。

お礼を言っておばちゃんと別れてから、私は温泉で注意した子供のことを思い出していた。私はあのちっちゃいおばちゃんのように、人を助けられる大人にならなきゃならないな、って思った。
無視しないでくれてありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月14日 (月)

Leny Andradeとムケッカの会

レニーアンドラージとムケッカの会をしたわけではないよ。

日曜日は朝早くおきて、お料理をしてお昼に集合。
待ちに待った「ムケッカの会」です。

私が昨年、羽田空港のそばの海で釣ったエイの半身をつかって、小金井さんがムケッカを作ってくれて、みんなは食べ物を持ち寄って、ワイワイとすごしました。エイはやっぱり新鮮なうちのほうが美味しいけれど、やっとみんなにご馳走することが出来て嬉しかったです。名古屋の小倉トースト風プリッツ?はやっぱり意外に美味しかった。最近あんこが好きになってきたぞ。

この日、無事ブラジルから帰還したハニちゃんから念願のカバキーニョが授与され、カバキーニョ女子部(部員3名)が完成。私はまったくセンスがなくって、せっかくおしえてもらっても全然弾けない。。。私の「好きなサンバの感じ」って言うのはあるので、それがどんな感じなのかこれから勉強していかないと。
ひえ~~

そして、その後レニー・アンドラージとサンバップ(バンド)のライブを四谷区民ホールで見てきました。
http://www.lenyandrade.tupiniquim.jp/personnel.php

レニー・アンドラージを1度は見てみたかった!管楽器2本という事でアレンジもしっかりされていました。そしてベースはサンバップのピンチヒッターで呼ばれたセルジオ・バローゾ!何度聞いても音の基盤を支える大きな器が見えるような安心感があるベース。惚れ惚れ。彼のおかげですっかりベース好きになってしまったわたしです。

レニー・アンドラージは見た目は私のおばあちゃんみたいに丸くて小さいのに、ド迫力で衰えぬ声とパフォーマンス。歌詞もリズムもとっても大事に歌っていました。もちろんあのスキャットもたっぷりとやってくれました。
噂に聞いていたよりバンドとの一体感が?で、ちょっと拍子抜けした部分もあったけど、(あと音作りにも)見ることだけで十分満足できた日でした。

関係ない話ダケド、「会場で飲食はご遠慮ください」という類の館内放送が日本語とポル語の両方であって、日系の女の子の声だったのですが、その声がとってもきれいで、日系人の声をポル語で聞くとうっとりするような響きですね。日本人の声は時に物足りないし子供っぽくなりがちだけど、本当は繊細でやわらかくて、美しいとおもいます。

ショーが終わったら写真撮影会があったのですが、わたしは具合が悪くなって急いで帰宅しました。
最近夜遊びはダメです。。。家に帰っている途中で死にそうに気分が悪くなってしまうのです。テヘヘ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 2日 (土)

MIKA@中目黒「楽屋」♪ノリノリ

先ほどライブより戻ってきました。
あーよかった。今夜のライブはほんとによかったですよ!!

私しばらく眠っていたのかしら?という錯覚。
つまりね、ライブが始まったら体が目覚めたのです。
五感が目覚めたっていうのかな。

2曲目まではお3人の息合わせの時間。
その後から3本の線がぴゅーっと1このブラジルウネリになって、
私をゆっさゆっさチコチコチコチコと揺さぶる・・・。体が止まんなーいっ!人前で踊ったりするのは苦手なのに、あやうくその辺で踊っちゃいそうに・・・!

何回でもアンコールしたいぐらいで、
他のお客さんも求めるような拍手がすごかった!
それを察したのか、MIKAさんたら、2回目のアンコールのTRISTEZA(ラヤラーヤって繰り返すトコロ)を途中でベースとドラマーに任せ、階段を降りて笑顔でサラリと消えてしまった!!
ちぇーっっ!!!!がまん顔逃げられたーーーーっっ!!


今日はね、1stステージはインドのサリー。(おでこはポッチ付。)
2ndは黒のイブニングドレスでお色直し。
目でも楽しませてもらいましたハート達(複数ハート)
MIKAさんとは今回はほとんど話せなかったのが残念だったけど、
音楽では十分楽しませていただきました。

ベースの古屋さんは気合の入った表情、盛り上がったりとか変化のあるソロが良かったです!ドラムの黒田さんはもう20年以上のベテランとの事、ブラジルらしいリズムで、ワタクシやられました!この方もお気に入りです。いい組み合わせだったと思います。

中身の説明は何にも出来てないけど、とにかく素晴らしかったですよー夜
今日でツアーは終了のようですね、MIKAさんお疲れ様でしたー!

ところで、楽屋さんのステージのむこうにある「楽屋」って看板。
あれって元は「非常口」サインを作り変えたの?とふと思った。。。

10/1日(金)@中目黒「楽屋」
 
MIKA(P) / 古屋栄悦(B) / 黒田清隆(Ds)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月 9日 (木)

Stock and Stock

今日は何故かストック物の料理を沢山してしまいました☆
台風で雨になったので、心も落ち着いているみたい。
そんでもって、なるべく 「じー・・・・・っ」 としているための
冬支度が始まっているのかも。


① バジルペースト

これは簡単。

<準備>
夏の間に大きく育てたバジルをとってきて洗い、
1時間室内で乾燥させました。(水分が残っていると腐りやすい)
保存用の瓶は洗ったり煮沸して清潔に乾燥させておきます。

・バジルの葉 200g
・にんにく 1~2カケ
・オリーブオイル 150g + 100g(酸化防止用)
・塩 10g 

これらをミキサーにかけて、瓶容器に移し、最後に酸化防止用の
オリーブオイルをやさしく流し入れて
上に純オイル層をつくります。完成!
冷蔵庫で保管して2ヶ月ぐらい使えるそうなので、パスタやお魚料理とか、
いろいろ便利に使おうと思います。

② ねぎ油

中華料理を美味しく作りたくて。今夜はチャーハンに活用しましたよ。

<準備>
保存用の瓶は洗ったり煮沸して清潔に乾燥させておきます。
野菜類も洗った後は、水分をよくふき取って乾かしておきます。

・サラダ油 300CC
*ラード      100CC
・ねぎの青いところ 2本分
・しょうがスライス 2枚
・にんにくスライス 2枚
*ニラ (軽く刻んで)5.6本
*赤とうがらし 1本(割ったり傷いていないもの)

(*は私の好みで加えたものです)

110度~130位の低温の油に野菜を入れて、
焦げないようにじっくり揚げていきます。
40分ぐらいかけて風味を油にうつします。
出来たら、荒熱をとってから、こしながら容器に移します。

パリパリの揚げ野菜が出来るので、味をつければ「辛そうで辛くない~」
みたいなラー油が出来そう。捨てずに活用しようとおもいます。

こんなわけで、なぜか今日は2種類のオイル料理をしたのでした。
本格的じゃないかもしれないけど、ご参考になるかな。

ちなみによく行く中華やさんの炒め物のフワリと香ばしい
あの香りは何だろう。

ねぎ油を作ってみたら、これではないことが判明・・・。
んーーー、知りたいですーーー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月 7日 (火)

秋の気配がしました

Blog_2

今日は「秋の気配」がしました。

ブラインドの隙間から差し込む日差しの角度が
今日、突然変わったみたいに感じました。

街路樹の落ち葉もカラカラと、
ねずみみたいに道路を渡っていきました。

なんかそわそわする今日。

ぬるめの湯船にゆっくり浸かりたいのも、
ホットカフェオレが飲みたいのも、
私の体が秋を感じているんだなー。

さて、湯が沸いたかな・・・。
入って来よーっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月 6日 (月)

ブラジルフェスティバル2010!

ふむふむ。
「文化・経済交流の目的」ね。

先日
第5回ブラジルフェスティバルへ行ってきました。

美味しいブラジル料理やコッシーニャなどの軽食、ココナツ水の缶ジュースも飲みました。
それから今年はなぜかケバブも数店舗出ていたり、「牛丼」という名の牛丼ではないプレート(お肉と野菜の炒め物の横に白米が添えてある)もあったりして、ちょっとづつ目新しい”謎”なものも・・・。

「Que Bom!」というレストランの出店していた”ムケッカ”を食べたかったのに、混んでいたので、友達とおしゃべりしながら空くのを待っていたらそのまま売り切れたらしく、早々に閉店。。。ざんねーん!


Blog

フェスで
配られていた本「Guia Japao」を家に帰ってから見たら結構面白かった。
ニホンで暮らすブラジル人が、働いたり教育を受けたり、生活するためのガイドブック。

日本のごみの分類やマークの説明とか、履歴書の書き方とか、
お祝い金の包む金額とか、まじめに日本文化を知りたい人には
とっても便利なものでした。

こういうのが無料で配られているとは、ブラフェスはやっぱり遊びだけの場所じゃないのね、って改めて感心しました。

それに、日本での社会生活は大変だと思うから
ブラジル人が沢山集まって、懐かしんだり、みんなで歌ったり、
見渡す限りの同胞に安心して楽しむ場所は必要なのかもーって。

去年配られていた本も、「日本生活での失敗例」みたいな内容で、
イラスト入りで結構笑えたっけ。

上半身裸の男性や緑と黄色のアイシャドーをド派手に塗った女の子。
当たり前にやっちゃう彼らを、開放的で羨ましくおもっちゃった。

私へのお土産はブラジル国旗つきのキーホルダー。「爪きりでもあり栓抜きにもなる」という奇想天外な組み合わせの道具に、心ワシヅカミにされました!
Dscf1679

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月27日 (金)

小さな池のアナカリス

3年目のビオトープ。
黒めだかを飼っている白いバケツの
アナカリス
新芽をふやしていつか「はびこる」様になっていました。

今年は梅雨で水がぬるくなった頃から
次々と可憐な花を咲かせ始めました。
初めて見たときは感激したなぁ。

ちょうど咲きかけの梅のような、透けるような花びら。
指で触ったとたんに、花びらの水分が染みて、クニャリとうな垂れてしまうような弱々しい花なので、そばに座って見ているだけにしています。

夕方には黄土色の油紙のように水面に貼りつき、枯れて、
また翌日の朝には別の新しいアイボリーの花が咲いています。

毎日毎日、秋になろうとする今も1輪ずつ同じ様な白い花が浮かびあがっています。

Blog_2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年8月25日 (水)

8月はレジャー満載

Blog2010 Blog2010_2









8月は海。川。花火。
半袖の日焼け。
8月は・・・やることがいっぱい。


毎年やりきれない位の計画を妄想しても全部やると晩夏の頃。
まだ花火は見ていないけど、ほとんどやってしまったー。

今年はすごい勢いで水辺へ遊びに行っています。

まず、お盆には山形・仙台へ行き、張り切る父と釣り対決。

ご近所の川はこのごろ魚影が薄いのでちょっと車で山奥へ入って勝負。
はじめは小さな岩魚ばかりでしたが、古い針を新しく交換して、同じえん堤下の淵へ流したらヒット!!ぐいっと引き込まれる強いあたり。

勢いでそのまま陸へ上げたら瀬で魚が落ちてしまった!なんて大きいんでしょう!ビチビチッと暴れる太い体を両手で掴んだ時には、心臓が張り裂けそうでした。

尺まであと一息の
28センチの山女魚です!太ってはいないけどニジマス釣堀の養殖モノでもほとんど見たことがない位の体長。顔も銀化して、サケの貫禄が見受けられる。

長年生きてきて良かったー!と思いついに魚拓ってものをとってみたくなりました。墨付のタンポでポンポンとたたく。体が丸いのではがしたら太っちゃった。。。。
あわてて適当にやったので、正しいやり方を次の大物までに知っておかなきゃ。
魚拓の喜びはその存在をいつまでも記憶にとどめられる事のようです。
写真とは違うなーって思います。

もちろん、翌昼のBBQで塩焼きにしていただきました。
とっても食べ甲斐があって美味しかったーぴかぴか(新しい)



下の写真は山椒魚。きれいな河川にはこんなのがいるんですね~。お手てが小さくてほんっとにかわいかった!でも大きくなったらちょっとキモ子のようです

Blog

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月18日 (水)

夏をかさねて

Blog2010

8月は海。
子供の頃は
浮き輪で浮いたり掴まったり、時に波にひっくり返されたりしていました。
それから足の立たないようなギリギリのところにわざわざ立って、波にあわせてジャンプすると波が体をさらってフワリと浮く。
その不安定さがたまらなくて。

でもいつからか沖へ引きずりこまれてしまう・・・という不安が私を陸へ引き止めるんです。子供の頃とは違って今は海の怖さや自然災害も、いろいろ恐いものが増えた気がします。

10代の頃。

言葉だけで知ってはじめたボディーボード
ただ「波のトップで乗るんだよ」と。やっている人を見たことはなかった。

その頃は海水浴場でやっている人がいなかったけれど、このごろはちょっと多すぎて危ないって言うぐらい大人にも子供にも人気の遊具になっていますね。

次々とやってくる大小の波、鋭い波、鈍い波、波の裏からくる波、飛沫や波の立ち上がりの中に見える魚たち。まるで水槽を見ているみたいにくっきりと泳ぐ姿か見える。
そしてタイミングを見つけてボディボードを握り一気に陸へ滑り降りる。

自然のことをたくさん知らないと、スポーツやレジャーは面白くならない。
このごろお気に入りの
サイト。これを見ると、ボディボードなんてやったことがないってぐらいの初心者だったんだな、って思い知らされます(笑)

私はフィン(足ひれ)を使ったことがないので、いつも白い波の上を滑りますが、本当はそれは×なんですよね。本当は波の立ち上がりからフィンでキックする。技を出すのはこれできちんと波乗れてから。でもフィンって自由にならなそうで恐い。

ひと夏に1,2回しか行けないので、来年はフィンをつけてみようかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«ゆっくりが幸せ