2011年5月13日 (金)

山菜の季節です

山形の山菜が送られてきました。
祖母の山では沢山の山菜が採れます。
山肌が見える前からはじまるふきのとう。
ゴールデンウィーク頃はわらび・こごみ・うど・たらの芽・フキ。

青々とみずみずしいそれらが食卓に並ぶとなんとも充実した気分になります。
口に入れるとほろ苦く青い香り。

自分で肥料をあげて作り上げた野菜たちとはまた違う感動。
自然のサイクルが育てた物を
そのまま頂くありがたさなのかな。
去年が無事であれば、今年もこうやって山菜が芽吹く。

こうやって摘んで食べられるのは
水や空気がきれいだから。
自然が安全だというのは
とてもありがたいことです。

放射能の一連のことでは、本当に残念だとおもいます。

先日、自治体保有の水力発電がが浸水し壊れたそうです。
それを作業員がチェックして今は扇風機で乾かしているところだそうです。

水力発電なら、ああやって人が入って補修作業が出来る。
大きなニュースにもならない。
毎日会見することもない。

でも原発は、長い間何が起きているのか見ることも出来ていない。
危険すぎて建物に人が入れるのに2ヶ月かかり、
そこに入れても長くは作業できない。
その作業してくださってる方はこのあと被爆の被害に悩むかもしれない。
人の手でコントロールできない巨大怪物。

ご機嫌取りが難しく、暴れたら数十年止まらない
封印しても、何百年も何千も静かに怒り続けている

原発がある以上、安心はありえない。

日本人は早く別の生き方を示していかないといけないですね。

自然光を家に取り込みましょう。
こまめに電気を消すのではなく、こまめには電気を点けないのです。
太陽と共に寝起きしましょう。
暑過ぎるときは休みましょう。
寒すぎるときは布団の中に居ましょう。
料理をして夕飯はお家で食べましょう。

大事なのは多数の力だけど、
少なくとも私はそうしなければ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月 7日 (火)

秋の気配がしました

Blog_2

今日は「秋の気配」がしました。

ブラインドの隙間から差し込む日差しの角度が
今日、突然変わったみたいに感じました。

街路樹の落ち葉もカラカラと、
ねずみみたいに道路を渡っていきました。

なんかそわそわする今日。

ぬるめの湯船にゆっくり浸かりたいのも、
ホットカフェオレが飲みたいのも、
私の体が秋を感じているんだなー。

さて、湯が沸いたかな・・・。
入って来よーっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月24日 (木)

メリークリスマス

2008_01040077

Merry Christmas!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月 7日 (水)

このごろ考えること

大体、これまでの歴史において大成する人などは、
30才~半ばにもなる頃にはひとつの人生のピークというか、
偉業の1つも成し遂げている。

きっと肉体的にピークなんだ。
人として生き生きとフレッシュで、知識も完成する。

もちろん、一生その歳相応に勉強し続けるのが人間。
でも、基盤は必ず若い時に出来ているんだ。


この頃、「自分って何歳に見えるんだろう」って・・・。

前後1,2歳の差こそあれ、私は、人の年齢が外見でほぼ分かる。

うん。自分だってきっと見た目は年相応なんだろうな。

実に、くだらない(笑)、

少し前まで子供過ぎるくらいな気がしてた。
気がつけば大人すぎる鏡に映る自分に
この頃はちょっとびっくりする乙女心なのです。

そして・・・
バンドだって、偉業のひとつも成し遂げないと。

でも、ちゃんとできるところまでやりますので、
待っててくださってるみなさん、
もうすこしまっててください。

いま、見えないかもしれないけど、音楽してるんです。
音を楽しんでるんです。

久々の日記でした。

(だってパスワード忘れて日記かけなかったんだモン)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 7日 (木)

吉日

223

4月吉日。晴天、桜が満開の時。

縁結びの神様を祀る東京大神宮にて
無事挙式を執り行う事が出来ました。
この日に至ることが出来たのも、
共に青春時代をすごし、
温かく見守ってくださった皆様のお陰です。
本当にありがとうございました。

式の最中はもう感無量でした。

私にとってはたった一人の兄弟。
沢山喧嘩もしましたし、
音楽や芸術を通して辛辣に意見を言い合ったり・・・。
一人暮らしを始めた兄の部屋はがらんとして、
寝ても覚めても、隣のほの暗い部屋は
目をそらしたくなるように
淋しいものでした。

でも、外へ出て、彼は沢山いい友人に出会って、
やっと一人、可愛いお嫁さんを見つけたんですね。
本当に良かったです。

これからも仲良く、より家族の幅か膨らんだと思って
力を合わせて頑張ってほしいです。

たったひとりの妹として、
ここに皆様へこれまでの御礼と、
御報告をさせていただきます。

2

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009年2月 5日 (木)

Amigo, Amiga, e Turma

ブラジルの音楽が結びつけた縁の中で
私は今、楽しんで暮らしています。

でも、こんな心が痛むような不況の中で、
出稼ぎに来ているブラジル人の皆さんは
きっと次は自分かも、と派遣切りにビクビクして働いている。

私がブラジルに行ったとき、彼らは「ジャボネス?」と
にっこり語りかけてくれて、
日本人の私にすごく優しく接してくださって、
治安の悪い中でも、心の安らぎは
そういう「受け入れてくれる心」に感じていました。

なぜそんなにやさしくしてくださるのか。
それは、これまでの日本人の努力のおかげ。
「まじめで信頼できる日本人」
そういう概念が定着しているからこそ、
私は無事に楽しい思い出を胸に帰国できたのだと思います。

ある日突然の解雇
どこに相談していいかもわからず、
不信感 悲しみ 不安 健康の心配 愛する家族の心配・・・

私の2つのおもい。
1つは、
これまでの日本人移民の努力を知って、
それに恥じない今の日本としての力が必要。
それとブラジルの彼らに対する
感謝を形にしたいと思い始めています。

でも、どこから手をつけていいか、とても難しいです。

誰にでもできて、本当にためになる事は、
友達になること、から始まるのかも知れない。

今日、友達に相談してみて、最後にそう結論づけました。

明日、ブラジル人の友達に電話してみようとおもいます。

「Ola! Todo bem?」
元気ですか?
って。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月14日 (水)

元旦

皆様あけましておめでとうございます。
本年もどうぞ宜しくお願いいたします。

暮れからお正月にかけて連絡が滞ってしまった方、
ごめんなさい!
やっと新年のエンジンがブルブルとかかって
溜まりに溜まった迷惑メールの整理とか、
お友達への返信をはじめました。

紅白歌合戦では、流行歌についていけない度が
毎年上がってて、しかもそれもOK、といった落ち着きよう。
12歳年下のいとこは、時々は若手の歌手と一緒に口ずさんだり
するのですが、一番楽しみなのは
'小林幸子の衣装'だそうで。。。

メジャー音楽界もいよいよ厳しさを感じてしまいました~・・・

そしてそして、
ブラジル・リベルダージの様子が写りましたね!
赤い鳥居をバックに特設会場を設けて、紅白餅を無料配布したとか。

日本とブラジル交流100周年を終え、
新たな1歩を踏み出した今年は、
もっと成熟・凝縮した動きが
みんなに身近に感じれればいいなとおもいます。
何を言っているのか分かりませんね(笑)

今年の目標は

「結実」

自分の足跡を線でつないでみたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月28日 (日)

暮れを迎えて

お正月は何して過ごそうかな~
親戚が集まるとみんなが好きな事をしゃべったり
やりたいことをやるので、
普段いかに自分の時間が多いのかがわかります。

沢山の家族に囲まれると、
自分の時間=他人の時間
なんですね。

この幸せをつい忘れそうになる
・・・というか、思い出すばかりの、
微妙な年頃なのかもしれません。
温かい家族に囲まれる幸せを、
子供のために
親として作ることができたら
幸せだろうね。

師走。そしてお正月。
ただ年を一つまたぐだけで、
これは大ごと。
とっても忙しいですね。

今年は久しぶりに
おせち料理に挑戦。
昔、一人で正月を迎える父の為に
作ってみたことがあったっけ。
「いいよ作らなくて、なんでも自分でできるんだから」
そう父にいわれて、ちょっと切なかった。
一人にしてごめんね、と思ったり、
せっかく作ったのに。と思ったり。。。

さて、今年はどんなお正月かな。わくわくします。
皆様も、大事な方々と素敵なお正月をお迎えくださいね。

本年も温かく見守ってくださりありがとうございました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年11月 8日 (土)

木の葉が散るころには

いつまでたっても小まめに日記をつける習慣がつかなくて、
ついつい時間がたってしまうことを反省します。。

ただ自分だけのために、
ただペンを走らせるのは
苦手ではないはずなんだけど。

話せ、と言われると無口になる私。。。

それでも、「文章」とか「話」は結構すきで、
ひとの話し声をただ、聞いていると
時々無性に頭がポワ~ンとして幸せになる。

時々は気にかかった言葉を書きとめてみたり、
何度も読み返してみたり。

でも、なぜ気に止まったのか
自分では分からない時もある。

そういう時は、その「音」が好きだったのかもしれない。


言葉が心地よい音になるような、
話し方が出来たらいいな、と思う。

紅葉が始まっていますね。
木の葉が散る頃に、
またライブしようとおもいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 6日 (土)

ひまわり

Himawari

今年の夏はひまわりを育てました。

保育園に通っていた頃、大きなひまわりから種をとったのがとても嬉しかった。
あの時はきっと先生が植えてくれたんだろうな。

私より大きくなーれ!

と思いながら毎日世話をして、
合計6本のひまわりを植えました。

8月の半ばから1本目が咲き、
それはそれはかわいいらしい
元気な黄色の手のひらのようなひまわりが咲きました。

2本目はわたしと同じぐらいの背丈。
そのあと同時に咲いた3本目4本目のひまわりは
私の背丈をちょっと抜きました。

Himawari_to_yokobai

虫がしがみついて花の汁を吸うのも、
葉っぱにくっついているのも、
別にいやじゃなくて、むしろ嬉しいぐらい。
私の育てたひまわりを好いてくれて嬉しいんだな。

だから、ひまわりの葉っぱは虫食いです。。。

それで、残り2本は、
私の背を追い越してまだまだ大きくなりそうです。
どんなに大きい花が咲くのか、
とてもとても楽しみなのです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧